ここから本文です

B&O PLAY、NFMI搭載左右分離イヤフォン「Beoplay E8」に新色

12/7(木) 18:15配信

Impress Watch

 完実電気は、接続安定性を高めるNFMI技術を採用したB&O PLAYの左右分離型Bluetoothイヤフォン「Beoplay E8」の新色Charcol Sandを12月14日より発売する。価格は32,900円(税込)。従来のBlackにCharcol Sandを加え、2色展開となる。

【この記事に関する別の画像を見る】

 カラー以外の主な仕様は変更なく、電磁誘導を応用したNFMI(近距離磁界誘導)ペアリング技術により、ドロップアウト(音の途切れ)を抑え、安定した接続性を実現。独自設計の5.7mm径ダイナミックドライバを搭載。Bluetooth 4.2に準拠し、高音質コーデックのAACもサポートする。再生周波数帯域は20Hz~20kHz。本体にタッチコントロールを備え、タップするだけで音楽の再生/停止、曲送り/曲戻し、音量調整などの操作が行なえる。

 イコライザ調整や各種設定などのカスタマイズが行なえる「Beoplayアプリ」を用意する。内蔵バッテリで最大4時間音楽再生でき、充電時間は約2時間。本革の充電ケースが付属し、収納しながら最大2回分の充電が行なえる。イヤフォンの重量は、右が約7g、左が約6g。ケースの外形寸法/重量は73×33×47mm(幅×奥行き×高さ)/約45g。

AV Watch,臼田勤哉

最終更新:12/7(木) 18:15
Impress Watch