ここから本文です

種牡馬入りするワンアンドオンリーがアロースタッドに到着

12/7(木) 19:00配信

スポーツ報知

 2014年の日本ダービー馬のワンアンドオンリー(牡6歳)が12月7日、種牡馬として供用される北海道新ひだか町のアロースタッドに到着した。

 同馬は父ハーツクライ、母ヴァーチュ(父タイキシャトル)。北海道新冠町のノースヒルズで生産された。現役時代は33戦4勝(うち海外2戦0勝)。ラジオNIKKEI杯2歳S(13年)、神戸新聞杯(14年)を含む重賞3勝。今年11月26日のジャパンC(16着)を最後に現役を引退した。

 ノースヒルズ・福田洋志場長「ワンアンドオンリーがこうして北海道で種牡馬として第二の馬生を送れるのは橋口調教師、ならびに甲斐助手をはじめとするスタッフの方々がダービーを勝たせてくれたからで感謝しています。この血統からは皐月賞を勝ったノーリーズンが出ています。種馬として必ず活躍してくれると思っています」

最終更新:12/7(木) 19:01
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ