ここから本文です

上村洋行元騎手、5度目の調教師試験で合格

12/8(金) 7:04配信

スポーツ報知

 JRAは7日、平成30年度の新規調教師試験の合格者5人を発表した。元騎手の上村洋行助手(44)は5度目のチャレンジで合格。今度は調教師として、G1勝利を目指すことを誓った。

 騎手時代はスリープレスナイトの主戦として、08年スプリンターズSでG1勝利をつかみ、デビュー戦から3歳秋まで手綱を執ったサイレンススズカなど数々の名馬の背中を体感してきた。「騎手の引退にかなり未練はありましたが、気力のあるうちに勉強しよう」。14年2月の引退から約3年半。1日9時間近い勉強を積み重ねて、ようやく努力が実った。

 騎手時代にG1を勝ったが、決して成績には満足していない。「1つしか勝てなかった。まだ、G1はいっぱいある。ジョッキーで経験したことを生かしていきたい」。まだスタート地点に立ったばかり。本当の勝負はここから始まる。

 ◆上村 洋行(うえむら・ひろゆき)1973年10月23日生まれ。44歳。滋賀県出身。92年3月に栗東・柳田次男厩舎所属で騎手デビュー。14年2月に引退して、JRA通算7880戦570勝。重賞は08年スプリンターズSのG1・1勝を含む10勝。14年3月から栗東・池添兼厩舎の調教助手を務めていた。

最終更新:12/8(金) 12:47
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ