ここから本文です

【ソフトバンク】ドラ3増田、「熱男」ならぬ「増男」襲名宣言

12/8(金) 7:04配信

スポーツ報知

 ソフトバンクのドラフト3位・増田珠(しゅう)内野手(18)が「マスオ!」襲名を宣言した。新人11選手が7日、福岡市内のホテルで入団発表。増田は「『熱男』じゃなく『増男』にしようと思います」と独自のパフォーマンスのプランを明かした。

 チームでは、松田が本塁打を放った後、スタンドのファンに向かって右拳を突き上げ「熱男!」と叫ぶのが人気パフォーマンス。これに対し、増田は自身の名字をミックスした「増男!」を考案した。プロでは、外野手から松田と同じ三塁手に転向。松田の「3」を並べた背番号「33」を背負うスラッガーは松田の後継者として期待される。

 対戦したい投手に横浜高の先輩、楽天・藤平の名前を挙げ「ピッチャーライナーを打ちたい」と強襲を予告。会場の笑いを誘った。工藤監督も「うちの松田選手のようにプロ野球選手はキャラも大事」と歓迎した。増田の明るさは“松田2世”の素質が十分だ。(戸田 和彦)

 ◆増田 珠(ますだ・しゅう)1999年5月21日、長崎市生まれ。18歳。横浜高では1年春からベンチ入り。2年夏、3年夏に甲子園出場。今夏の甲子園大会では大会新の4試合連発を含む、同大会最多タイの5本塁打をマーク。U18W杯でも日本代表入りした。17年ドラフト3位でソフトバンク入団。180センチ、82キロ。右投右打。特技はけん玉。

最終更新:12/8(金) 16:45
スポーツ報知