ここから本文です

【朝日杯FS】ダノンスマッシュ、好調維持11秒6

12/7(木) 11:01配信

サンケイスポーツ

 《栗東》もみじSを快勝したダノンスマッシュ(安田隆、牡)は、CWコースで6ハロン78秒8-11秒6の好時計。3頭併せで中、外に各1馬身先着した。「前走は一番いい内容でしたし、きょうの時計もよかった。順調に来ています」と安田隆調教師。

 デイリー杯2歳S3着のケイアイノーテック(平田、牡)は、坂路で4ハロン55秒1-12秒6。馬なりで駆け上がった。「1週前としては上々の動きじゃないかな。思った通りに追い切りをできている」と平田調教師。

 京王杯2歳S2着のカシアス(清水久、牡)は、CWコースで6ハロン78秒7-14秒1。3頭併せで遅れたが、騎乗した浜中騎手は「前回の調教の感じより、よくなっていますね」と前向きに語った。

 ダブルシャープ(渡辺、牡)は、CWコースで6ハロン82秒6-12秒2。「動きは悪くないですよ。ゆったり歩いて落ち着きもあった」と渡辺調教師。

 《美浦》京王杯2歳S勝ちのタワーオブロンドン(藤沢和)はWコースで単走。5ハロン70秒5-13秒4を馬なりでマークした。「いい動きだった。とにかく順調だね。近2走違うペースで勝ったのは価値がある。来週も楽しみ」と藤沢和調教師。僚馬で芙蓉S2着ファストアプローチは坂路で4ハロン54秒8-12秒9(馬なり)をマークした。「いたって順調。短い距離に戻して、はじけるかもしれない」と同調教師。

 ムスコローソはWコースで5ハロン66秒4-13秒4の好時計をマーク。「すごく乗りやすく、操縦しやすい。パワーがあるの、阪神の馬場も合っていそう」と新コンビの池添騎手。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ