ここから本文です

西武・炭谷が9代目の選手会長 楽天・嶋の後任で高卒出身は初

12/7(木) 16:44配信

サンケイスポーツ

 労組プロ野球選手会は7日、大阪市のホテルニューオータニ大阪で定期大会を開き、楽天・嶋基宏会長(32)の後任として9代目の選手会長に西武の炭谷銀二朗捕手(30)を選出した。任期は1年。歴代選手会長で高卒出身は初めて。

 西武の選手会長を2期務めた炭谷は「責任は重く、やることはたくさんあるが光栄に思う。大きな国際大会が3つ(2019年・プレミア12、20年・東京五輪、21年ワールド・ベースボール・クラシック)控えているので全力で取り組んでいきたい」と意欲を語った。

 嶋前会長は「統一球問題などあったが、契約更改の金額の事前提示など少しはお役に立てたと思う」と振り返った。

 この日の大会では、引き続き来年オフの契約更改時の状況整備などに取り組むことを決議。また一般社団法人のプロ野球選手会は、中日・大島洋平会長(32)の再任と、野球振興のための幼稚園訪問などを決めた。