ここから本文です

光浦靖子、プロレスラーとお見合いも相手が覆面外さず「嘘でしょ!?」

12/7(木) 17:14配信

サンケイスポーツ

 女性お笑いコンビ、オアシズの光浦靖子(45)が6日深夜放送の日本テレビ系「ナカイの窓」(水曜後11・59)に出演。以前、プロレスラーとお見合いをしたとき、相手が最後まで覆面をつけたままだったことを明かした。

 番組では平成女芸人vs昭和女芸人というテーマで、世代によるギャップを紹介した。恋愛に関して聞かれた光浦は「もうね、本当ヤバイよ。永遠の私の生きるテーマですよ」と悩みを吐露。「たまにあるんですよ、女芸人のなかでもちょっと合コンぽいことが。誰かが音頭を取ってやってくれたりするの。でもねえ、もう回覧板が回ってこなくなったな、本当に」と嘆いた。

 光浦は、結婚願望はあるとしながらも「ご縁だと思って待ってるの」と語ると、司会の中居正広(45)から、出会いがないのはプライドの高さが原因ではないかと指摘された。それに対して光浦は「プライドなのかな…出かけても、もはや既婚者が多くてね…」と返し、「バツイチ子持ちがいちばんほしい」と明かした。

 すると、中居は「いっぱいいるよね? 俺の地元行けば…いる! 離婚してる人も多いよ」と語った。光浦は興味を示しながらも「普段からヘラヘラしゃべる人はダメだよ。名前と職業を言える人がいい」と条件をつけ、以前紹介してもらった相手が名前は名乗るものの、職業を聞くと「まあまあまあまあ」とごまかしたためうまくいかなかったと説明した。ほかにも、「プロレスラーの人とお見合いですって行ったら、最後まで覆面をかぶったままで、『嘘でしょ!?』って…」と、体験談を披露した。