ここから本文です

週明け、爆弾低気圧が最強寒気を呼び込む

2017/12/7(木) 17:57配信

ウェザーニュース

 各地で寒さが続いていますが、週明けは再び寒気が襲来します。

 この寒気は今シーズン最強クラスの予想で、西・東日本でも「平地でも雪となる目安(上空1500m付近で-6℃)の寒気」に覆われ、西日本日本海側~北陸にかけては-9℃が流れ込む恐れも。また、さらに上空の5500m付近では、北海道に-42℃以下、東北北部に-39℃以下という非常に強い寒気が流れ込むと見られます。

爆弾低気圧がきっかけに

 この寒気を呼び込むのは、なんと爆弾低気圧。

 10日(日)に日本海を進む低気圧が週明け11日(月)に北海道~オホーツク海南部に到達。その頃に急激に中心気圧が下がり、爆弾低気圧になる予想です。

 この爆弾低気圧が過ぎると、北日本を中心に強い冬型の気圧配置になり、低気圧の背後に控える寒気が流れ込んでくるのです。

北日本を中心に大雪・荒天に警戒

 特に北日本日本海側や北陸では、1時間に5~10cmの強雪となる恐れがあり、大雪に警戒が必要です。沿岸では暴風を伴い、吹雪や地吹雪となることもあるため、視界悪化・路面悪化に注意してください。

 関東北部の山沿いや甲信北部、飛騨、西日本日本海側の山沿いでも雪が降り、東海でも雪雲の流れ込みによって初雪の可能性があります。

ウェザーニュース

最終更新:2017/12/7(木) 17:57
ウェザーニュース