ここから本文です

「同僚にガソリンかけられ大やけど」元技能実習生の中国人が提訴、深刻な後遺症

12/7(木) 16:00配信

弁護士ドットコム

茨城県の土木建設会社で働いていた中国人男性(32)が12月7日、同僚にガソリン入りの油をかけられたうえ、火をつけられて大やけどを負ったとして、同僚と会社を相手取り、計約9000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

提訴したのは、中国・陝西省出身のリュウさん(名字のみ公開)。訴状などによると、リュウさんは2014年、技能実習生として来日し、千葉県内の農家で働いていた。だが、言葉によるいじめや賃金が低いなどの理由で、別の仕事先を見つけた。それが今回の土木建設会社(茨城県美浦村)だった。

リュウさんは今年5月11日、勤務中に50代の同僚から難癖をつけられて、脇腹を蹴られたり、ヘルメットで殴られるなどの暴行を受けた。そのあと、ガソリン入りの油をかけられたうえ、ライターで火をつけられた。リュウさんは上半身に大やけどを負い、現在も首が動かず、腕も曲がらないといった後遺症が残っている。

●暴行罪で有罪判決が出たが執行猶予

リュウさんの代理人によると、「本来なら、より罪の重い傷害や殺人未遂で起訴されてもおかしくない刑事事件だった」という。だが、この同僚はライターで火をつけた行為は認めず、今年7月に暴行の罪で有罪判決(懲役1年6カ月、執行猶予3年)を受けて確定した。現在まで、リュウさんに対して謝罪していないということだ。

一方、会社側は、リュウさんが入院中の今年7月、リュウさんの病室を訪れて、400万円で示談するという書類にサインさせた。リュウさん側は「示談金は、加害行為の直接損害に対して払われただけで、その後に発生する逸失利益、深刻な後遺症などに対する慰謝料については示談金が想定していなかった」と主張している。

リュウさんは在留資格が切れていたため、約2か月の入院のあと、現在は東京入国管理局の施設に収容されているが、十分な治療は受けられていない。代理人によると、リュウさんは、同僚の刑事処分にまったく納得しておらず、中国人に対する差别ではないかと怒っているという。代理人をつとめる川上資人弁護士は「民事責任を厳しく追及していきたい」と述べていた。

弁護士ドットコムニュース編集部