ここから本文です

15秒でわかる2017年12月6日【強豪・仙台育英高校の野球部員らが飲酒~浅野忠信さんの父 覚せい剤の入手ルートは】

12/7(木) 6:00配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

12月6日のニュース映像を15秒でチェック!
・強豪・仙台育英高校の野球部員らが飲酒
・浅野忠信さんの父 覚せい剤の入手ルートは
・ことしの顔!「シャンシャン羽子板」もお披露目
・スポーツ庁の職員 スニーカー通勤で階段のぼり

・強豪・仙台育英高校の野球部員らが飲酒
宮城県の仙台育英高校の現役の硬式野球部員など生徒8人が11月、仙台市の飲食店で、飲酒をしていたことがわかった。
高校によると、飲酒をしていたのは、硬式野球部の現役部員の2年生3人と、3年生の元部員3人で、公式戦でベンチ入りしたメンバーもいる。
また、3年生の元剣道部員2人を含む、あわせて8人。
8人は11月27日夜、飲食店で酒を飲み、このうち数人が、タバコを吸っていたという。
また、急性アルコール中毒の疑いで救急搬送された生徒が、1人いたという。
学校側は5日、県の高校野球連盟に、生徒たちの飲酒や喫煙の事実を口頭で伝えていて、今後、生徒からくわしく事情を聴き、文書で報告するとしている。
仙台育英高校は、「大変残念。今後は、指導・監督を厳重に行いたい」とコメントしている。

・浅野忠信さんの父 覚せい剤の入手ルートは
俳優の浅野忠信さん(44)の父親で、所属事務所の社長が、覚せい剤使用の疑いで逮捕された事件で、職務質問を受ける直前に、「友人と会っていた」と供述していることがわかった。
芸能事務所社長の佐藤幸久容疑者(68)は、11月30日の未明、東京・渋谷区道玄坂の路上で、職務質問されたあと、尿検査で陽性反応が出たため、覚せい剤使用の疑いで逮捕された。
佐藤容疑者は、職務質問を受けた際、使用済みのパイプを所持していて、調べに対して「直前に友人と会っていた」と供述している。
渋谷区の道玄坂周辺では、これまでも薬物使用者の逮捕が相次いでいて、警視庁は、覚せい剤の入手ルートについても追及している。
佐藤容疑者は、浅野忠信さんの父親で、浅野さんらが所属する事務所の社長。

・ことしの顔!「シャンシャン羽子板」もお披露目
その年に話題となった人を描く、年末恒例の「変わり羽子板」がお披露目された。
上野動物園で5年ぶりに誕生した、ジャイアントパンダの赤ちゃん、シャンシャンの羽子板。
今回、この羽子板が、一番時間をかけて作られたという。
羽子板に描かれた2017年の顔は、シャンシャンのほか10人。
9月に婚約が内定した秋篠宮家の長女・眞子さまと小室 圭さんの羽子板のほか、前人未到の29連勝記録を飾った藤井聡太四段と、卓球の張本智和選手も「天才中学生」として、同じ羽子板に描かれた。
また、ノーベル文学賞のカズオ・イシグロさんや、日本人で初めて9秒台を出した陸上の桐生祥秀選手も並んだ。

・スポーツ庁の職員 スニーカー通勤で階段のぼり
運動不足の解消を呼びかけているスポーツ庁で、スニーカーなど歩きやすい服装での通勤が、試験的に行われた。
スポーツ庁は、2018年3月から、歩きやすい服装での通勤などを通じ、1日の歩数を1,000歩増やしてもらうプロジェクトをスタートさせる。
6日朝は、スポーツ庁の職員が、スニーカーやリュックサック姿で登庁し、鈴木長官とともに、エレベーターを使わずに、階段で13階のフロアへ向かった。
スポーツ庁・鈴木長官は、「これ、毎朝。これがないと目が覚めない」と述べた。
スニーカーで通勤した職員は、「爽快感があって、これから気持ち良く仕事ができるなと」と話した。
20代から40代の働き世代のスポーツ実施率は30%台と、成人全体の平均(42.5%)より低く、スポーツ庁では、「歩く」運動を通じて健康増進につなげたい考え。

最終更新:12/7(木) 6:00
ホウドウキョク