ここから本文です

【福岡】県庁で警報システムが誤作動

12/7(木) 10:10配信

九州朝日放送

九州朝日放送

6日早く、福岡県庁で消防用のスプリンクラーが誤作動し、一時、避難を指示するアナウンスが流れる騒ぎがありました。アナウンスは庁舎の外側のスピーカーから周辺の住宅地に向けても約5分間流れ続けました。近隣住民からの通報を受け駆けつけた消防隊員が館内を点検しましたが、火災は確認されず、スプリンクラーから水は放出されませんでした。福岡県は行政棟のスプリンクラー用のバルブが数か所で圧力の異常を検知したためシステムが火事と認識し警報音が流れたとしています。県は館内の警報の誤発報は初めてとしていて1階ロビーで行われている天井の改修工事が関係した可能性があるとして、詳しい原因を調べています。

最終更新:12/7(木) 10:10
九州朝日放送