ここから本文です

二十四節気 大雪

12/7(木) 19:54配信

KKB鹿児島放送

KKB鹿児島放送

 7日は二十四節気のひとつ、大雪。山だけでなく平野でも雪が降るころとされています。鹿児島県内でも厳しい冷え込みとなりました。
 朝日が昇り始めた午前7時ごろの霧島市溝辺町の茶畑では、水をまいて凍らせることで霜から芽を守る作業が行われていました。7日は県内33の観測地点のうち11地点で今シーズン最も寒い朝となり、伊佐市大口では-3.8度、さつま町柏原で-2.8度を観測しました。鹿児島市でも今シーズン最低の3.7度まで下がり、初霜も観測されました。

最終更新:12/7(木) 20:04
KKB鹿児島放送