ここから本文です

男子学生に感謝状 JR埼京線の集団痴漢を発見

12/7(木) 22:01配信

TOKYO MX

TOKYO MX

 JR埼京線で男4人が集団で1人の女性に痴漢をしたとして逮捕された事件で、車内の異変に気付いて逮捕に貢献した東京・板橋駅でアルバイトをしている男子学生に感謝状が贈られました。

 板橋警察署長から感謝状を贈られたのは、JR埼京線の板橋駅で乗客誘導のアルバイトをしている専門学校生の谷川翼さん(20)です。

 2017年7月に池袋駅から板橋駅に向かっていた埼京線の先頭車両で、男4人が20代の女性を取り囲んで痴漢をしたとして、11月に逮捕されました。

 谷川さんは板橋駅で2年にわたってアルバイトをしていて、事件当時は板橋駅のホームで乗客の整理をしながら、頻繁に痴漢が起きている先頭車両を注意して見ていたといいます。谷川さんは「電車が到着した時、既に取り囲んでいるような姿が窓越しから見え、異様な雰囲気が伝わった」として、「だいたい降りる時はドアの方を向いているお客さまがほとんど。その時は女性1人に対して囲んでいるのが見えたので、おかしいと感じた」と当時を振り返りました。

 異変に気付いた谷川さんは、一度ドアの閉まった電車を止め、他の駅係員と一緒に男たちをホームに降ろして、警察が駆け付けるまで事情を聴いていたということです。板橋駅では1日に2、3件の痴漢被害があり、アルバイトでも駅員と同じ研修を受けて、異変に対応できるようにしているということです。谷川さんは「アルバイトとはいえ、お客さまに安心・安全で快適なサービスをということは変わらないと思うので、しっかりとお客さまに提供できるようにこれからも頑張っていきたい」と語りました。

 表彰された谷川さんは、2018年4月から鉄道関係の会社に就職する予定だということです。

最終更新:12/7(木) 22:01
TOKYO MX