ここから本文です

山口県警と自衛隊がテロ発生想定訓練

12/7(木) 19:40配信

yab山口朝日放送

山口朝日放送

訓練には山口県警の機動隊と陸上自衛隊山口駐屯地から隊員あわせておよそ100人が参加しました。銃器をもったテロリストが現れ、警察だけで治安維持できない場合は自衛隊が出動します。
報道陣に公開された車両の移動では自衛隊の車両を現場指揮の拠点まで警察が誘導しました。訓練後、自衛隊の下山太郎陸佐は「2つの組織が一緒のことをするので情報の共有を意識してやっています」と話し、県警機動隊の宮島師樹警部補は「国内でもテロの脅威が高まる中で訓練を通じて自衛隊と緊密な連携をとって有事の際には迅速的確に対応できるようにしていきたい」と話しました。
2020年の東京オリンピックまで3年をきり、警察は11月も訓練を実施するなどテロ対策を進めています。警察は今後も訓練を重ねて自衛隊との連携を強化していきたいとしています。

山口朝日放送

最終更新:12/7(木) 19:48
yab山口朝日放送