ここから本文です

ブラピやクリプラも!? 実はストリッパーだった俳優、あなたは知ってる?

12/7(木) 12:10配信

dmenu映画

男性ストリッパーの世界を描き、日本でも話題となった『マジック・マイク』シリーズ。本シリーズでビッグ・ディック・リッチーを演じたジョー・マンガニエロが、自身が演じたディープな世界に引き寄せられたかのようにメガホンを握ったドキュメンタリー映画『ラ・ベア マッチョに恋して』が12月9日より劇場公開されます。

ダラスの人気クラブ「ラ・ベア」に迫る本作は、『マジック・マイク』(2012年)を見てストッパーに憧れてこの世界に飛び込んだ青年や、30年以上に渡り一線で活躍するベテランなど、個性豊かなストリッパーたちが登場し、彼らの人生や苦悩などを赤裸々に暴いていきます。映画で描かれるようにミステリアスで誤解も多いこの職業ですが、実はハリウッドスターにも、ブレイクする前にストリッパーを経験している俳優が結構いるんです。

『マジック・マイク』は実話だった!/チャニング・テイタム

スティーブン・ソダーバーグ監督がメガホンをとった『マジック・マイク』で一躍スターの仲間入りを果たしたチャニング・テイタム。この作品、実はチャニング自身が10代後半にストリッパーとして働き、経験したことを監督に話したことがきっかけで誕生しました。

彼がストリップの世界に足を踏み入れたのはフットボール選手として活躍していた大学を中退したばかりの頃。チャニングは約8ヶ月間、男性ストリップの世界に身を置いていたそうで、ストリップの世界について、『マジック・マイク』を地で行く華やかでクレイジーな環境だったと語っています。

学生時代のダンスグループでストリップに挑戦/ブラッド・ピット

いまや俳優だけでなくプロデューサーとしても不動の地位を確立したブラッド・ピット。彼も実はストリッパーとして女性の前で踊った経験があるそうです。彼がまだ俳優としてデビューする前、ミズーリ大学に在学していた頃のこと。彼は学内の「Dancing Bares(踊る裸)」というダンスグループに所属しており、グループのメンバーと共に、大学の女の子の誕生日パーティーなどでストリップを披露していたんだとか。

これに関しては、ブラッドの大学時代の友人が「イン・タッチ・ウィークリー」誌の取材に対し、誕生日でのストリップの件について事実だと証言しています。大学ではジャーナリズムを専攻し、プロデューサーとしても『それでも夜は明ける』(2013年)や『ムーンライト』(2016年)など硬派な作品を手がけるブラッド。学生時代のハッチャケぶりは微笑ましくもあります。

1/2ページ

最終更新:12/7(木) 12:10
dmenu映画