ここから本文です

【NFL】解任されたマカドゥー元HCがジャイアンツのメンバーに感謝

12/7(木) 12:19配信

NFL公式サイト日本語版

現地4日(月)、ニューヨーク・ジャイアンツと袂を分かつことになったベン・マカドゥーが6日、チームに感謝を述べる声明を発表した。ジャイアンツのヘッドコーチ(HC)を務めたマカドゥーのコメントを『NFL Network(NFLネットワーク)』のキンバリー・ジョーンズが『Twitter(ツイッター)』で公開している。

【画像】ニューヨーク・ジャイアンツ

「ニューヨーク・ジャイアンツのヘッドコーチを務めたこと、チームの一員として4年間を過ごせたことは栄誉であり誇りに思っている。初めて攻撃コーディネーターになるチャンスを与えていただき、キャリアにおいて重要なステップとなる機会をいただいたマーラ家、ティッシュ家、ジェリー・リーズ、トム・コフリンに感謝申し上げる。ジャイアンツでの在任期間、家族と私は毎日が楽しかった。組織にいるすべての人々のコミットメントによるところが大きいと感謝している。特に、献身さとハードワークで支えてくれたすべてのコーチ陣に感謝したい。また、時として正当に評価されないにもかかわらず、いかなるフットボールチームであろうと成功に不可欠な存在であるサポートスタッフのみんなに感謝しなければ、それは私の怠慢と言えよう。最後に、これほど多くの素晴らしい選手をコーチングする機会をいただいたことは今後もずっと感謝し続ける。何度も言ってきたように、彼らの才能は素晴らしく、彼らの品位とキャラクターを信頼している。彼らと組織全体の今後の活躍を願う」

ジャイアンツは残るシーズンを、守備コーディネーター(DC)だったスティーブ・スパグニョーロが臨時HCに就任して乗り切る構えだ。

マカドゥーはジャイアンツHCとしてレギュラーシーズン成績13勝15敗を残し、昨年はプレーオフに進出するもワイルドカードでグリーンベイ・パッカーズと対戦して敗れている。