ここから本文です

逃走中のサルが移動か 東京・港区でも目撃相次ぐ

12/7(木) 22:05配信

TOKYO MX

TOKYO MX

 12月6日までに東京・大田区や品川区に出没していたサルが、7日はさらに北上し、港区で目撃されていますが、まだ捕獲には至っていません。TOKYO MXのカメラが逃走中のサルの姿を捉えました。

 映像は港区港南にある東京都水道局の敷地内で撮影されました。素早く走って道を横切る1匹のサルの様子が捉えられました。

 このサルは10月ごろから神奈川県内に出没し、12月6日には大田区で20件以上の目撃情報が寄せられました。警視庁によりますと5日、大田区の蒲田周辺で「サルを見た」という通報があり、6日は大田区大森付近でも目撃されていました。

 そして7日は場所を北に移し、港区港南3丁目で通報が相次ぎました。正午前にはアパートの中庭にサルがいると通報があり、警視庁などが周辺を捜索しました。また、午前10時すぎにもアパートの中庭にサルが座っていたということです。目撃した人は「サルというのは分かった。座っても50センチくらいの大きさ。暴れる様子は全くなかった」と話していました。

 警視庁はサルの行方を追って引き続き捜索に当たっています。大田区などによりますと都内で目撃されているサルは雄とみられ、これまでに人への被害はないということです。

 サルが出没した区では「サルを見掛けたら近寄ったり餌を与えるようなことはせず、警察に通報してほしい」「住宅に侵入されないよう、戸締まりを徹底してほしい」と注意を呼び掛けています。

最終更新:12/7(木) 22:05
TOKYO MX