ここから本文です

縁起物に絵馬…大神神社で新年迎える準備進む/奈良

12/7(木) 19:30配信

奈良テレビ放送

奈良テレビ放送

 奈良県桜井市の大神神社(おおみわじんじゃ)では、新年を迎える準備が急ピッチで進められています。

 大神神社には例年、正月三が日で50万人以上が参拝に訪れています。今は正月に向けて縁起物などの準備が本格化していて、きょうは6人の巫女が作業にあたっていました。こちらは来年の干支である戌をかたどった縁起物です。奈良の一刀彫の職人が手掛けたもので、巫女たちは参拝者に福を授けようと、丁寧に桐の箱におさめていました。また、福矢に絵馬をつける作業も行われています。縁起物の準備は、12月中旬ごろまで続き、10日には大しめ縄の掛けかえも行われます。

大神神社 巫女 野本 碧斐さん
「来年お越しいただく皆様方に幸せが運ばれますようにということで心を込めて作業をさせていただいております。戌年ですので、皆さんも元気に疲れ知らずでお過ごしいただきたいなと思っております。」

最終更新:12/7(木) 19:30
奈良テレビ放送