ここから本文です

「ザ・クラウン」フィリップ王配役のマット・スミス、メーガン・マークルに「気の毒だ」

12/7(木) 20:21配信

ELLE ONLINE

11月末のヘンリー王子とメーガン・マークルの婚約発表以降、イギリスだけでなく世界中がお祝いムード! ヘンリー王子とメーガンの初公務にはたくさんの人が祝福のために集まっていたけれど、マット・スミスは違うみたい。

イベントに出席したマット。「メーガンのことを気の毒に思うよ。彼女の人生にとっては大きな変化だ。引き受けるのは大変なものだ。人生はもう彼女がこれまで知っていたものではなくなってしまう」とコメント。ドラマでフィリップ王配を演じたことで、ロイヤルファミリーとして生きる不自由さを疑似体験できたからなのかもしれないけれど……なんだか興ざめ。

マットもそれを感じたのか「でもそうだよ、メーガンはイギリスの王子と結婚するんだから。彼女にとってはワクワクすることだろうね」。イギリスのロイヤルファミリーに憧れるアメリカ人をからかっているようにしか聞こえないけれど、これもイギリス流のシニカルなお祝い……だと思いたい。これからメーガンもこんなトークに慣れていかなくてはいけないとなると、それは確かに大変かも。
 
text: Yoko Nagasaka

最終更新:12/7(木) 20:21
ELLE ONLINE