ここから本文です

インフルエンザ集団発生か 今季初 高岡市で学級閉鎖/富山

12/7(木) 11:44配信

チューリップテレビ

 インフルエンザと見られる症状の集団発生で、高岡市の南条小学校の1クラスが学級閉鎖の措置をとりました。
 今シーズンに入り閉鎖の措置はこれが初めてです。

 県と高岡市によりますと、高岡市立南条小学校の1年1組の児童26人のうち、10人が欠席したほか、1人が登校したもののインフルエンザと見られる症状を訴えました。
 このため、学校は、7日との2日間、このクラスを学級閉鎖としました。
 閉鎖の措置がとられるのは、今シーズンに入りこれが県内初で、時期を過去10シーズンの平均と比べると、ほぼ平年並みです。
 また、県が6日発表した先週1週間の患者報告数は、1定点医療機関あたり0・31人で、前の週よりわずかに増えています。
 県では、予防対策の徹底を呼びかけているほか、子どもや未成年者の異常行動についても薬の種類に関わらず注意するよう呼びかけています。

チューリップテレビ