ここから本文です

メッシがマスチェラーノの退団希望に言及、「彼の判断を尊重するよ」

2017/12/7(木) 12:10配信

SPORT.es

レオ・メッシは12月6日水曜日、チャンネル『TyC』の番組“Libero”のインタビューを受け、同胞のハビエル・マスチェラーノについて言及した。

マスチェラーノの退団希望について質問された際、メッシは彼に理解を示した。
「僕はマスチェラーノの気持ちが分かる。僕はその事について彼と話した。彼が僕に話した事はここでは言わないが、彼がもっとプレーする事を望むのはよく分かる。彼は最後の年を過ごしている。彼はベンチに座ったままではなくプレーして終わりを迎えたいんだ。例えそれがFCバルセロナのベンチであってもね。」

「最も素晴らしいのはプレーを楽しむ事だと思う。彼はここでは望んでいる出場時間を得られる可能性がないと見ている。それ故、彼は他の場所にそれを求めるだろう。そして、それは理解可能な事だ。」

メッシはそのように語った。
さらにメッシはマスチェラーノが退団すれば、チーム全体が彼の不在を寂しく思う事を主張した。「僕たちは彼がいない事を寂しく感じるだろう。何年も一緒に過ごしてきたからね。でも僕は彼の状況を理解しているし、彼の判断を尊重するよ。」

またアルゼンチン代表でのマスチェラーノの状況についてもメッシは語った。
「現在、マスチェラーノはチーム内で定位置を確立しているとは感じていない。そして、彼はそのポジションを確保するために全力を尽くす事を望んでいる。マスチェラーノは(W杯に)いるべきだ。彼は様々なポジションできるため、複数のシステムでプレーする可能性を与えてくれる。もちろん、チームにいる必要がある。マスチェラーノは数少ない貴重な中盤の選手だ。」

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:2017/12/7(木) 12:10
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合