ここから本文です

GSベストマッチ1位 全豪OP決勝フェデラーvsナダル<男子テニス>

12/7(木) 20:58配信

tennis365.net

グランドスラムのベストマッチ トップ5

男子プロテニス協会のATPは7日、公式サイトで2017年シーズンのグランドスラムでのベストマッチ トップ5の1・2位を発表。1位は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)決勝のR・フェデラー(スイス)対R・ナダル(スペイン)戦となった。

【フェデラー 錦織は「欠かせない」】

【1位:全豪オープン決勝 ロジャー・フェデラー vs ラファエル・ナダル】

フェデラーとナダルがグランドスラムの決勝戦で顔を合わせたのは、実に6シーズンぶりとなった。加えて2016年は両者ともけがに泣かされ、そのけがから復帰して臨んだ最初のグランドスラムだった。

フェデラーは2016年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)を最後にツアーから離脱。2017年もエキシビション以外は試合をしておらず、本人もファンも決勝へ勝ち上がれるとは予想していなかった。

フルセットにもつれた決勝戦、ファイナルセットは序盤からナダルにゲームカウント3-1とリードを許したが、フェデラーはそこから5ゲームを連取する猛攻を見せ、6-4, 3-6, 6-1, 3-6, 6-3で勝利。自身のグランドスラム最多優勝回数を18へ伸ばした。

グランドスラムの決勝戦でフェデラーがナダルを下して優勝したのは、2007年のウィンブルドン以来。35歳174日でのグランドスラム優勝は、1972年のK・ローズウォール(オーストラリア)以来の最年長優勝となり、勝利が決まった瞬間は涙をこらえられずにいた。

さらに、この勝ち上がりは1982年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で頂点に立ったM・ビランデル(スウェーデン)以来2人目となる4人のトップ10選手を下してのタイトル獲得となった。


【2位:全米オープン4回戦 ファン・マルティン・デル=ポトロ vs ドミニク・ティーム】

2位にランクインしたのは、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)4回戦でJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)がD・ティーム(オーストリア)を1-6, 2-6, 6-1, 7-6 (7-1), 6-4の逆転で下した試合。

第1・第2セットではティームがデル=ポトロを圧倒し、そのまま勝利をおさめるかに思われた。わずか1時間ほど2セットダウンとなったデル=ポトロは、風邪を引いて体調を崩していた。

しかし、駆けつけたアルゼンチンファンからの大きな声援がデル=ポトロを後押し。徐々に試合の流れが変わっていった。大声援の会場で、2009年覇者のデル=ポトロがバックハンドからも攻撃。

ティームはベースラインのはるか後方へ下げられる展開となった。

第4セットでは再びティームにチャンスが到来。序盤でブレークを許すも、そこから4ゲームを連取する反撃を見せ、ゲームカウント5-3からサービング・フォー・ザ・マッチを迎える。

しかし、30-0とリードしたがそのゲームをサービスキープできなかったティームは、第12ゲームのデル=ポトロのサービスゲームで2本のマッチポイントを手にしながらも取りきれなかった。迎えたタイブレークは、一方的な展開でデル=ポトロがものにし、勝敗の行方はファイナルセットへ。

そして、第10ゲームのティームのサービスゲームでデル=ポトロがマッチポイントを握り、ティームがまさかのダブルフォルトを犯してゲームセット。デル=ポトロは3時間35分の見事な逆転劇を演じた。

tennis365.net

最終更新:12/7(木) 20:58
tennis365.net