ここから本文です

「最適な場所」博覧会国際事務局幹部 会場予定地の夢洲視察

12/7(木) 20:20配信

朝日放送

大阪万博実現へのキーマン BIE幹部が「最適な場所」

朝日放送

大阪が誘致を目指す2025年の万博。誘致のキーマンとなるBIE=博覧会国際事務局の幹部が会場予定地の夢洲などを視察しました。「万博に最適な場所」と語り、「さらに機運を高める活動を続けるべきだ」とアドバイスしました。

4ヵ国が立候補している2025年の万博。各国視察のため、来日中のBIEのケルケンツェス事務局次長は7日、大阪万博の会場予定地の夢洲を視察しました。日本側は、会場予定地が大阪市の中心部から近いこともアピールしました。事務局次長は、「とても美しい場所という印象です。万博を開催するにはパーフェクトだ」と話しました。夕方には道頓堀も訪れ、すき焼きを楽しみました。最後は大阪府の松井知事が見送り、4日間の視察が終わりました。ケルケンツェス氏は、今後の日本の誘致活動について、「さらに市民を巻き込んで、機運を高められるよう活動を続けるべき」とアドバイスしました。BIEは年明けにも、立候補する4ヵ国に調査団を派遣する予定で、開催国は来年11月、加盟170ヵ国の投票で決まります。

朝日放送

最終更新:12/8(金) 9:39
朝日放送