ここから本文です

「基地従業員」どんなことしてるの? 横須賀で企画特別展示

12/7(木) 8:08配信

カナロコ by 神奈川新聞

 米軍基地で働く日本人従業員の仕事内容や雇用形態をテーマにした企画特別展示「基地で働く人々」が横須賀市立市民活動サポートセンター(同市本町)で開かれている。10月に台風の影響で中止になったイベント「ピース・フェスティバル2017」で展示予定だったパネルが並ぶ。8日まで。

 地元の市民団体などでつくる実行委員会の主催。「基地従業員、神奈川が多いのはなぜ」「『全駐労』の組織率はなぜ高い」など実行委の七つの質問に対する全駐労横須賀支部の回答がまとめられている。

 「ピースフェス参加者にひとことを」というコーナーでは「北朝鮮のミサイル発射問題について、組合員からの質問が多くなっている」という現場の声を紹介。職場が標的となり得る不安を抱え、「『私たちの職場は軍事基地なんだ』という平和な時代には忘れかけていた当たり前のことが急に現実味を帯びている」など結んでいる。

 会場では、相次ぐ米イージス艦事故をテーマにした展示も行われている。