ここから本文です

夫婦漫才コンビ福島の現状語る 横浜・瀬谷

2017/12/7(木) 12:34配信

カナロコ by 神奈川新聞

 東京電力福島第1原発事故を巡る問題について考える集い「福島をわすれない!」が10日、横浜市瀬谷区二ツ橋町の鳩の森愛の詩瀬谷保育園で開かれる。取材を続ける夫婦漫才コンビのおしどりマコ・ケンさんが、「福島のいま」を分かりやすく語る。

 市民らで組織する実行委員会の主催。2人は本業の傍ら被災地に足を運び、東電や関係省庁の会見などの取材を重ねている。ユーモアを交えた報告から、福島の人々や原発作業員らの現状について理解を深めてもらおうと企画した。

 午後1時半から4時半まで。参加費500円(資料代など)で定員約100人(先着順)。保育希望者は申し込みが必要。問い合わせは実行委の杉浦幹さん電話080(5494)3439。