ここから本文です

世界の「Shochu」を目指して 鹿児島市で焼酎輸出セミナー

12/7(木) 20:15配信

MBC南日本放送

MBC南日本放送

大きなアルコール市場を持つアメリカで、焼酎のブームを起こそうと、焼酎輸出を伸ばすためのセミナーが鹿児島市で開かれました。

セミナーでは、JETRO日本貿易振興機構ロサンゼルス事務所の西本敬一所長が講演し、県内の焼酎メーカーなどからおよそ100人が参加しました。
西本さんは、アメリカに輸出される日本製アルコール飲料の8割は日本酒とウイスキーという現状を紹介しました。
その上で、アメリカへの輸出額は、日本酒が52億円なのに対し、焼酎は3億円あまりと大きな差があると述べ、理由は、焼酎の「圧倒的な知名度不足」にあると指摘しました。

西本所長は業界や国が連携し、オールジャパンで焼酎を売り込めば、焼酎は、アメリカでシェアを伸ばせる可能性があるとしました。
JETRO鹿児島は、これからアメリカ進出をめざすメーカーを支援していくということです。

MBC南日本放送 | 鹿児島

最終更新:12/7(木) 20:15
MBC南日本放送