ここから本文です

桐生祥秀「大きな1年だった」毎日スポーツ人賞GP

12/7(木) 20:15配信

日刊スポーツ

 日本人初の9秒台ランナーとなった陸上の桐生祥秀(21=東洋大)が7日、都内で行われた「2017 毎日スポーツ人賞」の表彰式に出席した。

【写真】ついに出た!桐生祥秀が日本人初の9秒台/写真特集

 退寮し、1人暮らしを始めたことを明かした。練習拠点は来季からも変わらず、東洋大のままだが、もう寮生活とはお別れ。現在は表彰式やイベントで外出ばかりだが、今後は経験の少ない自炊にもチャレンジするつもりだ。1人暮らしは「友達を呼べるのはいいですね」と笑顔。また念願だった自動車の免許も取得。充実のオフを過ごし、来季もさらなる飛躍を目指す。

 昨年の男子400メートルリレーメンバーに続き、グランプリを受賞した桐生は「いい事半分、悔しかった事半分。大きな1年だったと思う」と今年1年を振り返った。今夏の世界選手権代表を個人では逃しただけに悔しさもある。ただ、それを乗り越えて、たたきだした9秒98の日本記録。「誰かが抜いてくるかもしれない。それをまた更新できる力を付けていきたい」と話した。

最終更新:12/7(木) 20:26
日刊スポーツ