ここから本文です

桐谷美玲、ゲーム人生の始まりを告白「休みの日は家に引きこもってゲーム」

12/7(木) 20:07配信

Movie Walker

桐谷美玲が2年ぶりに主演を務めた映画『リベンジgirl』(12月23日公開)の完成披露イベントが12月7日に丸の内ピカデリーで開催され、桐谷美玲、鈴木伸之、清原翔、佐津川愛美、竹内愛紗、三木康一郎監督が登壇。それぞれがクリスマスの思い出を語り、会場を盛り上げた。

【写真を見る】桐谷美玲がクリスマスコーデを披露!グリーンのロングドレスで登場した

本作は、フラれた相手を見返すために女性初の総理大臣を目指すヒロイン・美輝の奮闘を描くラブコメディ。12月7日が日本で初めてクリスマスツリーが飾られた“クリスマスツリーの日”であることにちなみ、登壇者陣がクリスマスの思い出を告白した。

桐谷は「スーパーファミコン」とニッコリ。「小学生のときにサンタさんがくれた。そこから私のゲーム人生が始まりました」とゲーマーになるきっかけをくれたのがサンタさんだそうで、「英語の手紙とソフトが何個か入っていて、弟とずっとゲームをしていた。そこからゲームが止まらなくなった。今も止まらず、休みの日は家に引きこもってゲームをしています」と休日の過ごし方とともに楽しそうに話していた。

鈴木は「イルミネーション」と回答し、「クリスマスイブに、当時お付き合いしていた彼女とイルミネーションを見に行ったことがある」と赤裸々告白。会場の女性ファンから「キャー」と悲鳴が上がる中、「めちゃめちゃ混んでいて、そのせいでケンカになった。クリスマスの日にイルミネーションを見に行くのはやめようと思った。それ以来、一回も見に行っていない」と苦い思い出を明かしていた。

また失恋をきっかけに人生を見つめ直していくヒロインを演じた桐谷が、自身のターニングポイントを語る一幕も。「事務所にスカウトされたこと。まったく芸能界に興味がなかったので、そのときスカウトされなかったら今この舞台に立っていない」と思いを馳せた桐谷。「高校一年の夏。突然、私の携帯に電話がかかってくるという特殊なスカウトでした」と語り、会場を驚かせていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

最終更新:12/7(木) 20:07
Movie Walker