ここから本文です

21戦からなる2018年F1カレンダーが発表。史上初の3週連続開催で、前代未聞の過密スケジュールに

2017/12/7(木) 7:46配信

オートスポーツweb

 FIAが2018年F1カレンダーを発表、来年は初の3週連続開催を含む史上最多21戦が開催されることが決定した。

2018年シーズンから正式に導入されるF1の新しいロゴ

 6月19日に発表された暫定バージョンで、2016年と同様の21戦が開催されること、F1史上初めて3週連続開催が組み込まれることが明らかになっていた。6日にFIAが発表したカレンダーにおいて、この点は変更なく、6月24日フランスGP、7月1日オーストリアGP、7月8日イギリスGPの日程が確定した。続くドイツGPとハンガリーGPも連続開催であるため、6月末から7月末までは6週間に5戦の過密スケジュールとなる。

 F1のモータースポーツ担当マネジングディレクター、ロス・ブラウンは、ワールドカップの日程との兼ね合いで来年は3週連続開催にせざるを得なかったと説明、二度とこのようなスケジュールを組むつもりはないと述べている。

 今回発表されたカレンダーにおいての変更点は、暫定的に決まっていたとおり、シーズン序盤の中国とバーレーンの開催日が入れ替えられ、バーレーンが第2戦、中国が第3戦となったこと。なお、前回暫定扱いだった中国GP、シンガポールGPの開催が確定、一方で、アメリカGPについては、アメリカのモータースポーツ統括団体からの承認が条件という但し書きが付された。

 2018年はマレーシアGPが外れ、フランスGPとドイツGPが復活。これまで6月開催だったアゼルバイジャンは4月に、ロシアは4月から9月に変更になった。鈴鹿での日本GPは第17戦として10月7日に組み込まれている。

2018年F1カレンダー(2017年12月6日発表版)
Round/日程/グランプリ
1/3月25日/オーストラリアGP(メルボルン)
2/4月 8日/バーレーンGP(バーレーン)
3/4月15日/中国GP(上海)
4/4月29日/アゼルバイジャンGP(バクー)
5/5月13日/スペインGP(バルセロナ)
6/5月27日/モナコGP(モンテカルロ)
7/6月10日/カナダGP(モントリオール)
8/6月24日/フランスGP(ル・キャステレ)
9/7月 1日/オーストリアGP(シュピールベルク)
10/7月 8日/イギリスGP(シルバーストン)
11/7月22日/ドイツGP(ホッケンハイム)
12/7月29日/ハンガリーGP(ブダペスト)
13/8月26日/ベルギーGP(スパ・フランコルシャン)
14/9月 2日/イタリアGP(モンツァ)
15/9月16日/シンガポールGP(シンガポール)
16/9月30日/ロシアGP(ソチ)
17/10月 7日/日本GP(鈴鹿)
18/10月21日/アメリカGP(オースティン)※
19/10月28日/メキシコGP(メキシコシティ)
20/11月11日/ブラジルGP(サンパウロ)
21/11月25日/アブダビGP(ヤス・マリーナ)

※アメリカのモータースポーツ統括団体からの承認が条件

[オートスポーツweb ]

最終更新:2017/12/7(木) 8:44
オートスポーツweb