ここから本文です

免許証など自動認識 PFU、ソフト販売開始

12/7(木) 1:27配信

北國新聞社

 PFU(かほく市)は6日、運転免許証など3種類の本人確認証を自動認識するタブレット対応のOCR(光学式文字認識)ソフトウエアの販売を始めた。タブレットで撮影した確認証記載情報を自動でデータとして業務システムに取り込み、入力作業の効率化につながる。

 運転免許証とマイナンバーカード、在留カードが対象となる。取り込みたい本人確認証をタブレットにかざして撮影すると、各確認証の様式に合わせた文字認識を行い、内容を自動で正確にシステム上に反映させる。

 タブレットを活用した口座開設や保険加入手続きが進む金融機関、保険会社などへの販売を見込む。

北國新聞社

最終更新:12/7(木) 1:27
北國新聞社