ここから本文です

塩の大平原・ボンネビルで最高速アタックした3台…ホットロッドカスタムショーに展示

12/8(金) 8:30配信

レスポンス

ヨコハマ ホットロッドカスタムショー2017(12月3日、パシフィコ横浜)の会場で異彩を放っていたのは、『ボンネビル モーターサイクル スピードトライアルズ』(AMA LAND SPEED GRAND CHAMPIONSHIP)に今夏参戦してきたマシンたちだ。

[関連写真]

アメリカ・ユタ州にある塩湖の跡にできた東京ドーム8800個分の大平原 ボンネビル・ソルトフラッツに、世界中のスピードフリークたちが最高速を競いにやってくる毎年恒例の伝統レース。今年は日本から松村友章さん(SHIUN CRAFT WORKS)、久保順平さん(MOTORCYCLE FORCE)、小田浩司さん(INDIAN ORANGE MOTORCYCLE)の3名がエントリーした。

レースとマシンのことを松村さんが教えてくれた。

「マシンはドラッグレースのように直進安定性を考慮してホイールベースが長いのですが、レースは0→400メートルのタイムを計測するドラッグレースのような形式ではなく、定められた計測区間での最高速を競います」(松村さん)

「なので加速力は求められません。最初の2マイル(約3.219km)でスピードを乗せていき、そのまま計測区間が1マイル(約1.609km)あり、そして減速のためにまた2マイルを要します。1マイルの平均速度が記録となるんです」(松村さん)

天候とコンディションが許せば、6日間をかけてレースはおこなわれる。ロケットのような形状のマシンだと1000km/h超えも。なんともクレージーだ。

「5日間で7本走ることができました。記録は173mph(約280km/h)、美しい風景とは裏腹にレースはとても過酷です。ソルトフラッツは見た目こそ真っ平らですが、実際に走ってみるとデコボコだらけでシートに着座してカウルに伏せることができず終いでした。また対策し、チャレンジしたいですね」

松村さん(SHIUN CRAFT WORKS)の「Salty Bonny II」はS&S製パンヘッド1520ccエンジンを搭載。久保さん(MOTORCYCLE FORCE)の「NO LIMIT II」は1820ccエンジンを、小田さん(INDIAN ORANGE MOTORCYCLE)の「SPEED ADDICT II」はS&S製ナックルヘッド1520ccを積む。

レーシングマシンという点で注目すると、『サンダンス』は1998年の鈴鹿8時間耐久レースに参戦した『DaytonaWeapon 2』を展示。オーダーメイドのサクソンフレームにスーパーXRエンジンを搭載した伝説の1台だ。

《レスポンス 青木タカオ》

最終更新:12/8(金) 8:30
レスポンス