ここから本文です

内灘から立山くっきり 「大雪」の県内、晴れ間広がる

2017/12/8(金) 9:44配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 二十四節気の一つで雪の多く降るころとされる「大(たい)雪(せつ)」の7日、石川県内は加賀地方を中心に昼すぎまで高気圧に覆われ、晴れた。内灘町の「道の駅内灘サンセットパーク」では、雪を頂いた立山連峰の稜線(りょうせん)が淡い青空にくっきりと浮かび上がり、訪れた人は河北潟越しの絶景を楽しんだ。
 サンセットパークからは、石川・富山県境の山並みの向こうに、剱岳から大(おお)汝(なんじ)山、雄山へと連なる山並みが屏風(びょうぶ)のようにそびえて見えた。