ここから本文です

角界改革のカギ 貴乃花親方を支える“女将”花田景子の政治力

12/8(金) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 鎮火する様子を見せない大相撲の暴力事件で、元フジテレビアナウンサー河野景子さん(現姓・花田=53)が注目を集めている。8歳年下の貴乃花親方(45)と1995年に結婚し、相撲部屋のおかみに転身して22年。孤立気味の夫を支える内助の功のみならず、角界改革を推進させる政治力まで発揮しているというのだ。

「横綱は神聖なもの。横綱は神様に近い人でないといけない。他の力士たちに力士道を見せる。生きざまで見せるのが使命」

 貴乃花親方の言葉ではない。宮崎市内で2日に行った講演では、そんな相撲哲学を景子さんが説いたと伝えられるのだ。弟子の貴ノ岩が暴行され、貴乃花が鳥取警察に被害届を提出したことが発端となり、横綱日馬富士の引退にまで発展した騒動は貴乃花バッシングをも招く事態に。相撲協会の再三の要求にも応じず、貴ノ岩への聴取に応じない親方は意固地で偏屈にも見えるが、そんな親方を景子さんはうまくコントロールしているという。

「人前でも親方からは『オイ』とか呼ばれているし、弟子の面倒などで手いっぱいな中で、もう少しねぎらいとか、手を貸してもらうような場面があってもいいんじゃないかという声は少なくありません。それなのに景子さんは嫌な顔ひとつ見せず、グチをこぼすこともない。

 凄いのは、夫を立てて言いなりになっているようでいて、『でもね、こうしたらどうかしら』『こういう考え方もあるかも』などと噛んで含めるように優しく諭し、結果的に偏屈な旦那を自分も賛同する方向に動かしてしまうんです。

 親方は奇麗好きで、弟子が部屋を散らかしていると怒鳴ったりするのですが、そういうときは弟子の側に立って、『すみません』と一緒に謝ったりする。親方はそれ以上文句も言えないし、弟子はおかみさんを慕いますよね。たいした手腕ですよ」(角界関係者)

■派閥を超えた「おかみの会」結成

 フジ時代の景子さんのあだ名は「チーママ」だったそうで、「カラオケは若者から年配者向けまでレパートリーが300曲以上。場の空気を読みながら選曲するセンスは大したものでした」(フジ時代を知る関係者)。

 そうした気配りは今も健在。さらに類いまれな人心掌握術で、ほかの部屋のおかみたちからも支持を集め、「おかみの会」という一門を超えた集まりを結成。貴乃花部屋への支持の輪を角界につくり、これが来年の理事長選へも影響を与えかねないとの声もあるのだからスーパーおかみである。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏が言う。

「景子さんの直撃取材をしたことがあります。長男の優一さんを青学の初等部へ自ら送り迎えをして、その合間にジムで汗を流し、ママ友たちとの会にも顔を出していました。景子さんは元ナンバーワン女子アナの華やかな雰囲気で、突然の取材にも嫌な顔ひとつせず『子どものことは主人から話すなと言われているのですが、おかげさまで、すくすくと育っています』などと言っていました。そういえば、日馬富士の伊勢ケ浜部屋のおかみの淳子さんも青学のママ友で、景子さん派だったと思いますよ」

 貴乃花親方は洋服選びや後援者の前で歌うカラオケの選曲までも景子さん任せだという。旦那同士が対立しても、おかみたちは裏でつながり懐柔策を講じている可能性は高い。泥沼の争いを収めるのは景子さんの細腕にかかっているといっても過言ではない。