ここから本文です

米国連大使「米国、平昌五輪に参加するかどうか未定」

12/8(金) 9:21配信

中央日報日本語版

ニッキー・ヘイリー米国連大使が米国選手団が2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)に参加するかどうかは「未定」だと明らかにした。北朝鮮の脅威が日増しに高まっているという理由からだ。

ヘイリー大使は6日(現地時間)、米FOXニュースとのインタビューで米国が平昌冬季五輪に参加することが確定したのかと尋ねた質問に「まだ五輪の参加に対して聞いたことがないが、カギは我々がどのように米国市民を守るかとのこと」としながら「これに関して議論が毎日のように行われている」と答えた。彼女はまた「平昌五輪は米国選手団が実力を発揮する良い機会」とし「我々は選手たちの安全を保障するようすべての予防措置を講じていく」と話した。

その一方で、選手団の訪韓に対しては「その時、北朝鮮の状況がどうなのかによって変わるだろう。北朝鮮の状況が日々変わっている」という立場を取った。ヘイリー大使の発言は米国政府が現在は選手団を派遣する方針だが、北朝鮮の挑発で緊張が高まる場合、これを取り消すこともあり得るという意味に読まれる。

9月にはドイツ・フランスなど一部の欧州諸国が韓半島(朝鮮半島)の緊張を理由に平昌五輪への不参加の可能性を示唆したことはあるが、米国がこのような立場を示したのは今回が初めてだ。今まで米国側は「米国の選手たちは五輪に参加するだろう」(米国オリンピック委員会のスコット・ブラックマン委員長)としながら参加を確実視してきた。