ここから本文です

フィギュア=GPファイナル、宇野はSP2位

12/8(金) 9:06配信

ロイター

[名古屋 7日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ上位6人、6組で争うGPファイナルは7日、名古屋市ガイシプラザで男子ショートプログラム(SP)を行い、宇野昌磨は101.51点で2位スタートとなった。

地元開催の今大会で初優勝を目指す宇野は4回転フリップ、4回転─3回転の連続トーループなどを決めたが、トリプルアクセル(3回転半)で転倒。103.32点のネーサン・チェン(米国)が首位に立った。

宇野は試合後に「今日のミスはこれまでにないものだった。トリプルアクセルは成功させることができるジャンプ」としたが、それでも「できることは全てやった」と述べた。

フリーは8日に行われる。

*カテゴリーを追加します。

最終更新:12/8(金) 9:12
ロイター