ここから本文です

「重く受け止めて」 宜野湾市長が防衛局に抗議 普天間飛行場の早期返還求める

12/8(金) 11:56配信

琉球新報

 【中部】沖縄県宜野湾市野嵩の保育園の屋根に米軍機に関係する部品とみられる物体が落下した問題を受け、佐喜真淳宜野湾市長は8日午前、嘉手納町の沖縄防衛局を訪れて抗議した。

 佐喜真市長は「一歩間違えば取り返しの付かない事態になるということを日米両政府と米軍は重く受け止めなければならない」と訴え、米軍普天間飛行場の早期返還を求めた。
 対応した中嶋浩一郎局長は「昨日から進展がなく、現時点で確たる情報が得られていない。詳細な情報が入り次第、皆さまに説明して対処したい」と答えた。

 抗議後に取材に応じ、返還の手法について見解を求められた佐喜真市長は「移設先については日米両政府が責任を持って取り組むことだと思う。私としては、(普天間飛行場の)固定化を絶対に避けなければいけない」と答えた。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:12/8(金) 11:56
琉球新報