ここから本文です

球団の垣根越え若手集合 “チーム菅野”は投手陣最大派閥に

12/8(金) 12:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 巨人の菅野智之(28)が7日、大阪市内のホテルで行われたプロ野球選手会総会に出席した。今シーズンまで務めた長野から巨人選手会長の「大役」を引き継いだ。

 西武からFA入団が決まった野上についてさっそく、「チームにとって大きな戦力。早く溶け込んでもらえるよう、コミュニケーションをとっていきたい」と選手会長としてのサポートを約束。先月末の契約更改後には「聞きにくる選手が少ないのを一番気にかけている。何でも聞いて欲しい。見て、背中から学ぶという選手がいるけど限界がある。貪欲さが欠けている。聞きやすい環境づくりを浸透させていく」と語っていた。

 そんな選手会長がハワイで行う恒例の自主トレには、宮国、桜井、中川、畠、育成の田中大らチームの後輩投手が参加予定。オリックスからも西、吉田凌が参加する。当初は少人数だった「チーム菅野」も、いつの間にか球団の垣根を越える大所帯になってきた。

 今季17勝の絶対的エースの周囲には若手が集まる。これまで、新戦力の面倒などは投手陣のリーダーだった内海が見てきたが、そんな役割も前エースから現エースへ移行。かつて最大だった「内海組」をしのぐ勢いで、「チーム菅野」が最大派閥になりつつある。

 なお、労組日本プロ野球選手会はこの日、9代目の新会長に西武の炭谷銀仁朗(30)を選出した。