ここから本文です

俳優生活40年・妹尾和夫「大阪で眠ってた役者魂が復活」

2017/12/10(日) 11:00配信

THE PAGE

「キミ、ウチのドラマに出てみる」

 妹尾は大阪へ帰ってきてから「しゃべり」の技量を磨いていたため演劇からは少し離れていた。しかし、現役のドラマプロデューサーに声をかけられると、眠っていた「役者魂」はすぐによみがえった。そして、話は盛り上がり、最後には「キミ、ウチのドラマに出てみる」という声ももらった。

 「これはチャンスだ」。妹尾は後に仲川氏のカバン持ちを買って出た。そして、パン店を手伝えない事情を両親に話すと、両親は「好きなことをやりなさい」と応援してくれた。ドラマの現場へ行くと稽古のセッティング、代役などを率先して行った。ちょっとした役でのドラマ出演も果たした。地元・大阪で、妹尾は俳優生活を、一歩ずつ踏みしめていた。

■妹尾和夫(せのお・かずお)1951年11月17日大阪市大正区生まれ。20代半ばから大阪を拠点にドラマ「部長刑事」「必殺シリーズ」「暴れん坊将軍」に悪役で多数出演。現在、テレビ「せのぶら本舗」、ラジオ「とことん全力投球!!妹尾和夫です」(いずれもABC朝日放送)で活躍中。12月16、17両日に自らが主宰する劇団パロディフライの本公演「コペルニクスさん家はおとなりです。」(梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)に向け、全力で稽古、指導に取り組む。

2/2ページ

最終更新:2018/10/2(火) 16:30
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事