ここから本文です

東京五輪マスコット候補3点発表 全国の小学校で“総選挙”来年2月28日決定

12/8(金) 6:04配信

デイリースポーツ

 20年東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、大会マスコットの最終候補の3作品を公表した。11日から来年2月22日まで全国約2万1千の小学校の各クラスに1票を与える投票を行い、最多投票の採用作品が2月28日に発表される。

 東京都渋谷区立加計塚小学校で行われた発表イベント。大会エンブレムで採用された市松模様や、桜を表現しつつ近未来的なイメージの「ア」、神社のキツネ、こま犬などをモデルにした「イ」、キツネやタヌキと日本古来の装飾品を組み合わせた「ウ」の3案が披露された。

 組織委によると、マスコットを小学生が決める試みは五輪史上初。アニメ「ドラゴンボール」の孫悟空が好きだという5年の赤羽悠太朗君は「ウの作品に日本らしさを感じて気に入った」と満足げだった。

 マスコットの審査会メンバー、タレントの中川翔子は「キャラクター大国の日本でマスコットの金メダルが決まる。歴史的瞬間になる」と、異例の“総選挙”に期待を寄せた。