ここから本文です

三菱 アウトランダー 2018年型、IIHS衝突テストでトップセーフティピック

2017/12/8(金) 14:03配信

レスポンス

三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカは12月7日、『アウトランダー』の2018年モデルが、米国IIHS(道路安全保険協会)から「2018トップセーフティピック」に認定されたと発表した。

画像:三菱 アウトランダー 2018年型

IIHSの「2018トップセーフティピック」の認定を受けるには、前面衝突、側面衝突、追突想定、スモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)の各耐衝撃性能試験の全てで、最高の「GOOD」評価となるのが条件。また、前面衝突予防評価において、「ベーシック」以上を獲得することも必要になる。

2018年モデルのアウトランダーでは、先進運転支援システム(ADAS)が充実。ブラインドスポット警告をはじめ、リアクロストラフィックアラート、前方衝突軽減、車線逸脱警告、自動ハイビーム、アダプティブクルーズコントロールシステム、レーンチェンジアシストなどを装備した。

2018年モデルのアウトランダーは、IIHSの全ての衝突テストにおいて、最高のGOOD評価。前面衝突予防評価は最高のスーペリア、ヘッドライトの性能評価は「Acceptable」を獲得し、2018トップセーフティピックに認定されている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:2017/12/8(金) 14:03
レスポンス