ここから本文です

星野源演じる四宮にも転機が。今夜放送『コウノドリ』第9話を直前予習

12/8(金) 16:50配信

rockinon.com

金曜ドラマ『コウノドリ』の本日12月8日放送となる9話以降は、綾野剛演じる主人公・鴻鳥サクラの同期であり良きライバルでもある星野源演じる四宮春樹のエピソードが色濃く展開されていくという。

過去に担当していた患者を失った後悔から、現場を離れ、事故を防ぐための研究に専念するという選択を視野に入れていた四宮。先週放送の第8話では、珍しくライブハウスを訪れた四宮が、サクラに相談をするシーンも放送された。

そんな中、故郷・石川県能登へ帰郷した際に、自分と同じく産科医をしている父・晃志郎(塩見三省)が、重いガンを患っていたことを知る四宮。晃志郎は街で唯一の産科医であった。ペルソナに戻ってきた四宮だが、執刀中、妹・夏実(相楽樹)から晃志郎が再び倒れたとの連絡が入る――というストーリーとのこと。

また、これまでに数々のイベントを行ってきた『コウノドリ』。それらイベント会場を渡ってきた、ドラマの世界を表現したアートペイントがようやく完成した。ペインター・溝尻奏子氏の協力のもと、イベント内でのライブペイントからはじまったペイント制作。実際に、清塚信也や宮沢氷魚らもイベント内でペイントに参加している。ペイントは、TBSテレビ1階の展示スペースにて来週12月11日(月)~22日(金)の最終話放送日まで展示される予定。さらに、ドラマの公式LINEアカウントを友達登録していると、ペイントにあわせたオリジナルの写真加工ができる仕組みとなっている。


●番組情報
金曜ドラマ『コウノドリ』
12月8日(金)22時00分~
『コウノドリ』公式サイト

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:12/8(金) 16:50
rockinon.com