ここから本文です

史上最高額で落札のダビンチ作品、ルーブル・アブダビで展示へ

12/8(金) 10:37配信

ロイター

[アブダビ 7日 ロイター] - 美術品として史上最高額で落札されたレオナルド・ダビンチの作品「サルバトール・ムンディ」(救世主)が、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビにある仏ルーブル美術館の別館「ルーブル・アブダビ」で展示されることが明らかになった。

キリストが描かれたこの作品は、先月15日に米ニューヨークで行われたオークションで4億5030万ドル(約509億5000万円)で落札された。

ルーブル・アブダビは6日夜にツイッターで「ダビンチの『サルバトール・ムンディ』がルーブル・アブダビにやって来る」と発表した。同作品が常設展示となるかどうか、また落札者については明らかにしなかった。

米紙ニューヨーク・タイムズは、同作品を落札したのはサウジアラビアのバデル王子だったと報じた。

ルーブル・アブダビは先月オープンした。

最終更新:12/8(金) 10:37
ロイター