ここから本文です

関東中央病院の冬のイルミネーションが点灯 クリスマスコンサートも /東京

12/8(金) 12:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 世田谷・上用賀の「公立学校共済組合関東中央病院」(世田谷区上用賀6、TEL 03-3429-1171)正面玄関前で12月1日、冬のイルミネーション点灯式が行われた。(二子玉川経済新聞)

 2006年から始まった恒例の同企画は今年で11回目。正面玄関前の植え込みを活用するイルミネーションは今年で8回目となる。

 昨年と同様に雪だるまやトナカイを設置したほか、クリスマスツリー周辺の草木に金色の電飾を増設し、イルミネーションの演出を強化。今年は2万球の電飾を使い、昨年の点灯期間中に破損したトナカイや雪だるまの修復も行ったという。

 同院のイルミネーション点灯のきっかけは、同院に勤務する20代の看護師が病気で亡くなったこと。生前、病院でクリスマスイルミネーションをしたいと話していた故人の遺志を、家族や同僚らがくんでイルミネーションのトナカイ1頭を寄贈。この話を耳にした医師やスタッフがほかのイルミネーションを追加で寄贈し、次第に装飾の規模が拡大し、現在に至る。

 同院主任電気技師の小林利宏さんによると、今年も10月から準備を始め、仕事の合間を縫いながらスタッフだけで飾り付けをしたという。小林さんは「真っ暗な中、点灯したのは今日が初めて。スタッフみんなできれいに見えるように心掛けて作った」と話す。

 新家眞病院長は「昨年より少しずつ大きくなっている。冬の暗くて寒い季節に少しでもイルミネーションを見て、クリスマスにちなんだトナカイなどのキャラクターもいるので、皆さまの気分が明るくなってくれれば。将来的には、規模を拡大して世田谷通りにも展開できれば」と意欲を見せる。
 
 同院では21日18時45分~20時、同院1階外来ホールで「第18回クリスマスコンサート」を開催する。司会に外国人タレントのアントン・ウィッキーさんを迎え、「関中コーラス部」による合唱や同院医師、職員による楽器演奏を披露する。参加無料。

 点灯期間は来年2月2日までを予定する。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】