ここから本文です

RPAで作ったロボットは、本当に“人間”と同じように扱うべき

2017/12/8(金) 10:09配信

ITmedia エンタープライズ

 企業がRPAをスムーズに導入するためにはどうすればいいか。前回の記事では、RPAを検討する際に気を付けるべき3つのポイントについてお話ししました。ツール、導入方法、そして導入パートナーを精査することで、導入後に「こんなはずでは……」となる可能性は大きく減ると思います。

ロボットのライフサイクル管理「Robotic Life Cycle Management」

 とはいえ、本当の意味でRPAの導入に成功するには――ロボットを長期にわたり、継続的に高いパフォーマンスを発揮させるためにはこれだけでは足りません。導入したあと、つまり運用フェーズで意識するべきポイントがあるのです。今回の記事では、その2つのポイントをご紹介します。

●ロボットは自分たちで整備する――「DIY精神」

 1つ目はDIY(Do It Yourself)精神です。ロボットは優秀ですが万能ではありません。確実に、そして抜群の速さで業務を処理していきますが、それは「開発時に人間が決めたルール通りに」という条件があります。そのため、運用中にルールが変われば、当然、その変更をロボットに教えなければいけません。

 業務の運用や手順が変わることは、決して珍しいことではありません。ロボットが利用する業務システムが変わることもあるでしょう。では、そのときに一体誰が対応するのでしょうか? 導入パートナーがロボットの開発をしたのだから、メンテナンスも彼らが……と思うかもしれませんが、運用や手順が変更になるたびに、パートナーに変更の依頼をすれば、コストも時間もかかってしまいます。

 ある程度、まとまった量のロボットを開発するのであれば、導入パートナーに依頼するのも良いでしょう。しかし、日常で発生する修正や多少の追加開発は、ユーザー企業自身で対応することをおすすめします。

 そのためには、RPA導入プロジェクトの中のPoC(Proof of Concept=事前検証)フェーズや開発フェーズにおいて、動作内容を把握したり、しっかり確認テストを行ったりするだけではなく、ロボットの開発スキルを身につけておくのが望ましいでしょう。

 「自分たちでロボットを開発するなんてハードルが高い」と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。RPAツールの機能向上はめざましく、最近ではユーザーがロボットを開発するのも難しいことではなくなりました。一例を挙げると、弊社の新入社員はたった2日間の教育を受けただけで、ロボットをある程度開発できるようになりました。その程度で身につくスキルなのです。

 業務を理解している人間がロボットを運用し、進化させていくこと――。これがRPA成功のカギといえるでしょう。

●ロボットを“人間”と同じように扱う――「Robotic Life Cycle Management」

 2つ目はロボットのライフサイクル管理「Robotic Life Cycle Management」です。

 導入プロジェクトが進むと多くのロボットができ、それぞれのロボットが業務を担当することで、業務の生産性は格段に向上するでしょう。RPA導入プロジェクトに携わった立場であれば、「当初の目的を達成した」と満足したいところかもしれませんが、本当に重要なのはここからです。

 この状態を人間で例えるなら、部署に配属になって、覚えたての仕事を担当し始めた時期のイメージ。今後も継続的に高いパフォーマンスを発揮し続けるためには、人間同様、ロボットにもサポートが必要です。

 人事業務のフレームワークの1つに「従業員ライフサイクルマネジメント」があります。これは、採用した社員が迎える入社後の各ライフサイクルをサポートし、社員の育成やモチベーションの向上を図ることが目的です。これをロボットに置き換えたのが「Robotic Life Cycle Management」です。具体的には、以下の5つの要素が挙げられます。

1. 採用:会社として、どのような能力を持ったロボットが必要なのか検討し、計画的にロボットを開発(採用)する
2. 配置:新たなロボットをどの部門に配置すると有効なのかを検討する。合わせて、同様のロボットが他部門でも活用できないかを検討したうえで配置する
3. 評価:配置したロボットが、生産性向上やROIなど、会社が掲げた目標に見合った効果を上げているかを検証(評価)する
4. 開発(育成):想定した効果が上がっていないロボットについては、原因を究明し修正(教育)する
5. 退職:評価の結果、廃止すべきロボットを検討し、廃止する

 どうでしょう。まさに人間と同じ考え方だと思いませんか? この「Robotic Life Cycle Management」を実現するためには、導入プロジェクトで開発したロボットが、どの部門で何の業務を担当しているのかを集中管理する必要があります。漠然と管理するのではなく、ライフサイクルの状況を的確に把握し、次のアクションにつなげていくためには、ロボットセンターのような専門の組織が必要になるでしょう。

 これはもはや、“ロボットの人事部門”と言っても過言ではありません。そのため、ロボットセンターは人事部内、もしくは人事部に近い組織として運営するのが望ましいでしょう。私が「RPAは人事部から導入するべき」と考える理由はここにあります。全社でRPAを導入する際も、人事部門がロボットの特性を理解した上で、他部門へと展開する方が、人事部の人材管理ノウハウが活用でき、有効なRPA展開につながるはずです。

 RPAの管理に人事部門が絡むことになれば、人事部門の役割は拡大していくでしょう。そのためにも、いち早く人事部門の生産性を高めることが必要になるのではないでしょうか。次回はいよいよRPAの未来についてご紹介する予定です。ご期待ください。