ここから本文です

心斎橋に豚骨ラーメン「一蘭」 ミナミエリア3店舗目 /大阪

12/8(金) 14:18配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 大阪・心斎橋駅近くに12月14日、豚骨ラーメン店「一蘭 心斎橋店」(大阪市中央区心斎橋筋1、TEL 06-6252-5775)がオープンする。(なんば経済新聞)

看板メニューの「天然とんこつラーメン」

 経営する一蘭(福岡市)は2007年9月、「道頓堀店 本館」(宗右衛門町)を関西1号店として出店。隣席との間に仕切りを設けた「味集中カウンター」で話題を集めた。外国人観光客の増加に伴い2015年4月には172席の大型店「道頓堀店 別館」(道頓堀1)を出店したほか、今年11月16日には「道頓堀店 本館」をリニューアルし増床するなど、店舗拡大を続けている。

 心斎橋筋商店街近くに出店する「心斎橋店」はミナミエリア3店舗目で、一蘭全体では74店舗目となる。店舗外観はちょうちんや竹、のれんで和をイメージした。店内には20人横並びの「味集中カウンター」2列、40席を設ける。「味集中カウンター」では、隣席との間の間仕切りのほか、厨房との間もすだれで仕切っているため、ラーメンの味に集中することができる。店舗面積は約47坪。

 看板メニューの「天然とんこつラーメン」(890円)は、味の濃さやこってり度、麺の硬さなど7項目を選ぶ「オーダー用紙」で自分好みの味をオーダーする。豚骨スープの中央に浮かぶ、唐辛子をベースに30種類以上の材料を調合した「赤い秘伝のたれ」が特徴。サイドメニューとして、「煮こみ焼豚皿」(490円)、デザートに「抹茶杏仁豆腐」(390円)も用意する。レジ横の土産物コーナーでは「一蘭ラーメンちぢれ麺」(5食入り、2,000円)も販売。

 営業時間は9時~翌3時。初日のオープンは10時。

みんなの経済新聞ネットワーク