ここから本文です

<山口県議>下関市議に重傷負わす 自民支部の忘年会で

12/8(金) 12:42配信

毎日新聞

 山口県の平岡望県議(44)=自民党、下関市選挙区=が、1日夜に下関市内であった自民党下関支部の忘年会で同市の男性市議(69)と口論になって押し倒し、左足首骨折の重傷を負わせていたことが分かった。市議は県警下関署に相談しているが、取材に「正式に謝罪し、きちんと補償してくれればいい。(刑事告訴するかどうかは)平岡県議の今後の対応次第」と話した。

 忘年会には支部長の平岡県議や地元市議、共に下関が地盤の安倍晋三首相と林芳正文部科学相のそれぞれの地元秘書ら約20人が参加した。関係者によると、平岡県議は宴席で男性市議に「お前」と声を掛けられたことなどに激高し、男性市議の胸ぐらをつかんで倒した。2人とも酔っていたという。別の市議が止め、その場を収めた。しかし、男性市議は痛みが引かないため4日に受診し、骨折と判明した。

 平岡県議は8日、取材に対し「ネクタイをつかんだのは事実で、その時に市議が倒れた。私の行為でけがをされ大変申し訳ない。お見舞いして本人におわびした」と述べた。

 保守分裂となった3月の下関市長選では、平岡県議が選対に入った安倍首相の元秘書の新人が、男性市議らが推す林文科相に近い現職を破り初当選した。忘年会前に開かれた支部執行役員会では、市長選絡みの議論もあったという。平岡県議は2期目で、1996~2014年に安倍首相の地元秘書を務めていた。【上村里花、松田栄二郎】

最終更新:12/8(金) 19:07
毎日新聞