ここから本文です

ロッテ石川、2000万減 3年連続2桁勝利途切れわずか3勝 納得サイン

2017/12/8(金) 12:43配信

デイリースポーツ

 ロッテ・石川歩投手(29)が8日、ZOZOマリンスタジアム内で契約更改交渉に臨み、2000万円減の1億1000万円でサインをした。(金額は推定)

【写真】今年3月 侍“開幕投手”として大役を果たした石川

 石川が吹っ切れた表情で切り出した。

 「(球団から)あんまり評価はできないと言われた。今年はなにも言える数字を残していないので…」

 14年の新人時代から3年連続で2ケタ勝利を挙げた。昨年は23試合で14勝5敗、防御率2・16という素晴らしい成績だった。最優秀防御率も獲得した。

 しかし、今季は16試合に登板して3勝11敗、防御率5・09。1シーズンを通して悩む姿があった。

 確かに昨年は好成績をマークしたが、本人は「手応えがなかった」と投球フォームを含めて一から全部やり直して臨んだという。結果、それがうまくいかなかった。

 開幕前のWBCで日本代表に選ばれ、早めの調整を強いられた。「普段はやらないが、本当の実力があれば簡単。ボクみたいな投手は難しいかもしれない」と振り返った。

 17年はプロ4年目にして、初めて分厚くて高い壁にぶつかったシーズンだった。

 「今年やってきたことを続けます。変える部分もありますが」と模索しながら、この壁を乗り越える構えだ。

 来年5月15日、生まれ故郷の富山で13年ぶりに本拠地開催ゲームがある。「回ってきたら投げようと思う。(その時は)いい状態に上げて、自信を持って投げたい」

 最後に富山の美味いものを聞かれ。「ホタルイカ、すし、それにブラックラーメン」と故郷の味をPRした。

最終更新:2017/12/8(金) 13:27
デイリースポーツ