ここから本文です

阪神・能見、1000万減 3年契約終了で新たに単年契約 来季「死に物狂いで」

12/8(金) 12:45配信

デイリースポーツ

 阪神の能見篤史投手(38)が8日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸1億3000万円から1000万減となる年俸1億2000万円でサインした。2015年から結んでいた3年契約が今季で終了。新たに単年で契約を更新し、投手最年長としてチームを支える。(金額は推定)「この年齢でなかなか数字を上げるのは難しいですけど。来年もユニホームを着させてもらえる。僕としては納得できるもの(球団からの評価)でした」

【写真】能見、梅雨の6、7月成績ダウン分析への秘策

 今季は先発で秋山と2人、1年間ローテーションを守って23試合に登板した。6勝6敗、防御率は3・72の成績だったが、2位に躍進したチームを屋台骨から支えた。今季限りで安藤が引退。39歳となる来季は、投手陣の最年長となる。

 胸にはあるのは悔しさの方が大きい。「年々、苦しい投球の方が多くなるんですけど。しっかり自分で受け止めてスタートした。前半は自分の感じとしては非常に悪くなかった。波がどこかで出てくる。うまく、少なくできなかったのは、シーズンを通して思いました」と振り返った。

 現在、通算98勝。あと2勝で節目の100勝にも達する。「もちろんできればいいですし、そこで終わりじゃない。しっかり勝てるようにしないと。まずはローテーションに入らないといけない。死にもの狂いでやっていかないと」。個人記録以上にチームの勝利を求めたい。13年ぶりのリーグ優勝、33年ぶりの日本一へ。14年目を迎えるベテラン左腕が、チームを頂点に導く覚悟だ。