ここから本文です

篠田みなみ「9人の一体感出す」イブの夜に魅せる“8カ月の集大成”

12/8(金) 10:00配信

スポニチアネックス

 全国各地の温泉をキャラクター化して、ゲームやアニメなどでの展開を繰り広げているプロジェクト「温泉むすめ」。作品のメーンユニット「SPRiNGS」のキャラクターの声を担当する声優たちによる2回目のライブイベントが12月24日に開催される。今回はそんなSPRiNGSから、道後温泉をモチーフにした道後泉海役の篠田みなみさんが登場。これまでの活動を振り返りつつ、セカンドライブへの意気込みを語ってもらいました。

 ファーストライブは8月20日に東京・有楽町朝日ホールで開催。「お客さんの熱い応援と会場の一体感に感動しました。セカンドライブでは、よりキャラクターに寄せた表現ができればいいなと思っています」。ユニットメンバーやスタッフの間でも「演者とキャラクターが重なって見えるようにしたい」と話しているといい、「8月よりもそれぞれキャラクターの理解も深まっていると思うので、前回よりもいいパフォーマンスができると思います」と自信をのぞかせた。

 プロジェクトは、温泉地に宿る下級の神様「温泉むすめ」が最上神・スクナヒコの命を受け、各地を盛り上げるためにアイドル活動を行うという設定。篠田が演じる道後泉海は、温泉むすめ全員が通う「温泉むすめ師範学校」の生徒会長という役どころで、「道後ちゃんはまじめな優等生なので、自分のダンススキルを活かしつつ、まじめさや、上品な雰囲気を出せるようにと思っています」。

 ライブに先駆けて、11月15日にファーストシングル「Hop Step Jump!」をリリース。「まさしく王道アイドルソングという曲です。“飛び上がって加速していくんだ!”という気持ちになります。SPRiNGSの代表曲と言われるような、長く愛される曲になるといいですね」。カップリング曲「おんくり」のタイトルは篠田が提案。「曲が出来上がった時は“温泉クリスマス(仮)”となっていました。ディレクターさんから“何がいい?”と聞かれた時に、深く考えずに“おんくり”と答えたら、そのまま使われていて驚きました。とてもうれしいです」。ライブ当日はクリスマスイブ。「特別な曲に聞こえそうですね。ぽか旦那・ぽか女将(ファンの呼称)の皆さんには楽しみにしていてほしいです」。

 昨年11月にプロジェクトが発足し、今年4月に秋葉原で行ったイベントから本格始動した。これまでの活動を振り返っての感想を聞くと、「最初のイベントが今年の4月ですか?」と驚いた表情を浮かべ、「もっと長くやっているような気がします。皆でゼロから作り上げてきたので、すごく濃い時間だったんだなと実感しました」と笑った。

 「温泉地の方と話したり、ファンの方から“僕の地元にはこんな温泉がありました”という話を聞いたり、温泉むすめならではの人とのつながりが出来ていることがすごくうれしいです」。自身が演じる道後泉海のモチーフになった松山市の道後温泉については「いつかイベントをしに行きたい。いろんな方から“道後温泉に行きました”という話を聞いてすごくうれしいんです。SPRiNGSとして道後温泉に行って、盛り上げたいなといつも思っています」。

 本格始動からの8カ月を短いと感じるほど、濃密な時間を過ごしてきた中で迎える、2017年締めくくりのセカンドライブ。「イベントを重ねて、ユニットのみんなのことも分かってきたので、9人の一体感が出せるんじゃないかと思っています」。ファーストライブから4カ月で、さらなる成長を遂げたSPRiNGS。来年の活動に期待が持てるような素晴らしいステージになる予感がしている。(西向 智明)

 =12月15日にインタビュー後編をアップ予定=

 ◇篠田みなみ(しのだ・みなみ) 6月3日生まれ、千葉県出身。2014年にリリースされたスマートフォン向けゲーム「Tokyo 7th シスターズ」で春日部ハル役を担当。同年、「一週間フレンズ。」でテレビアニメ初出演。主な出演作に「ふらいんぐうぃっち」(木幡真琴役)、「亜人ちゃんは語りたい」(町京子役)など。

 ▼温泉むすめ 全国の温泉地をキャラクター化し、漫画、ゲームなどを展開していくクロスメディア・プロジェクト。キャラクターは各温泉地に宿る人の姿をした神様で、63人(12月7日現在)が発表されている。SPRiNGS以外に4組のユニットが活動しており、それぞれが9~11月にデビューシングルをリリース。4月から出演キャストによるイベントを毎月行っており、アニメイトタイムズのWEBラジオ「みみぽか」も更新中。