ここから本文です

ヤクルト・西浦、300万減の1700万円で更改「悔しいシーズン」

2017/12/8(金) 15:59配信

デイリースポーツ

 ヤクルトの西浦直亨内野手(26)が8日、東京・港区の球団事務所で契約更改に臨み、300万減の1700万円でサインした(金額は推定)。昨季に並ぶ74試合に出場したが安打数は半減。プロ入り4年で初めて本塁打なくシーズンを終えた。「悔しいシーズンでした」と本音を吐露した。

 今季は椎間板ヘルニアを発症した川端の不在から、三塁の開幕スタメンを勝ち取ったが、本職の遊撃でも定着とはいかず。「去年は成績を残して、今年はレギュラーを取りにいくという年だったのにうまくいかなかった」と反省の言葉を口にした。

 ただ、秋季キャンプでは人一倍の声でもり立て、小川監督から「目立った」と“MVP”に選出された。来季は打撃面の向上を目標に掲げ「1打席1打席を大事にしたい」と意気込んだ。

最終更新:2017/12/8(金) 16:24
デイリースポーツ